訪問薬局支援システム『P-pass』

超高齢社会に備えて、これからの保険薬局は地域包括ケアの一員として、在宅業務の推進が望まれています。
在宅業務では、調剤業務と患者さま宅へ訪問し、説明はもちろんのこと、担当医師やケアマネジャーへの報告書(居宅医療管理者指導報告書・薬学的管理指導計画書)の作成業務など、さまざまな業務が必要です。
また、在宅業務を推進していく上で、重要なことは「業務の効率化」と「情報の共有化」です。
この「業務の効率化」と「情報の共有化」を担うため、薬剤師の視点で開発されたシステムが「訪問薬局支援システムP-pass」です。

01報告書も、これ1台で作成可能

報告書の作成は、必要項目を選択式で入力を行うため、誰でも容易に作成することができます。
また、P-passは、患者さまの対応時や訪問後の車の中など、報告書の作成の場所を選びません。
作成した報告書はPDFに変換が可能です。薬局に戻った後はそのPDFをプリントアウトして、そのまま担当医師やケアマネジャーに報告を行えるため、業務の効率化が図れます。

02情報の共有と一元管理を実現

患者さま情報や薬品情報をクラウドコンピューター上で一元管理しているため、医師や患者さまからの急な問い合わせがあった場合でも、即対応が可能です。
また、もし使用中の携帯端末を紛失した場合でも、クラウドコンピューター側から閲覧制限を掛けられる機能を搭載しているので、情報の漏えいを防ぎます。

03さまざまなレセコンとの
接続が可能

NSIPSに対応しているすべてのレセプトコンピューターとの接続が可能です。
そのため、複数店舗で異なるレセプトコンピューターを採用している場合でも、患者情報と処方情報の閲覧と共有ができます。

お気軽にお問合せください

製品でご不明点やご確認などございましたらお気軽にご相談ください。

サービス

  • 監査支援システム PROOFIT
  • TAKAZONOショールームのご案内
  • ATTELNO製品データWeb版
  • 医薬品情報 Preforum
  • ドクター開業支援